妻への感謝は必要。でもこういう妻の場合どうしましょうか?


非常にユニークな試みです。
男はみな仕事に精を出し、それで稼いで何か文句あるかという風潮がずっとありました。それは日本だけのおかしな文化です。

アメリカでは子供のため、妻のために休暇を取る事に何のためらいもありません。むしろ、それをしない方がブーイングです。日本の男たちももっと家庭を妻を顧みましょう。それは幸せの真理です。

最近、女性は一人で生きて行ける力を身につけました。奴隷のような生活なら最悪見捨てられます。特に子供が独り立ちしたら。男は晩年一人では生きていけません。そのことを考える必要があります。

しかし、ある男性は寂しがりやで妻といっぱい時間を共有したいし話がしたいのに妻の方が嫌がるという相談をしてきました。
妻の男性化はそこまで来ているのかもしれません。
タグ:亭主関白 
| 恋愛

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。